筑波大学先導的研究者体験プログラム(ARE)は、全学群に所属する1~3年次の学生を対象とした研究支援プログラムです。

 
トップページ > AREとは
AREとは
「ARE」とは

 筑波大学は開学時から一年次から専門教育の一端に触れる「楔形カリキュラム」を採用し、新入生の学習意欲に対応してきました。これをさらに進め、このプログラムでは意欲のある全学群の1−3年次生も 4年生の卒業研究のような活動ができるようにします。 研究活動を行いたい学生は、研究計画書を提出して採択されれば、アドバイザ教員を通して研究費を使用できます。研究終了後は成果の発表と実績報告を行います。 スーパーサイエンスハイスクール(SSH)やサイエンスパートナーシッププロジェクト(SPP)、理科や総合的学習における自主的な課題研究など、大学入学前から科学的な研究を行ってきた人はもちろん、大学進学後には研究活動をしたいと考えていた人も応募してください。

◆このプログラムは、H21~H24まで文部科学省理数学生応援プロジェクト「開かれた大学による先導的研究者資質形成プログラム」として実施いたしました。平成25年度より本学の取組としてこのプログラムを継続いたします。対象を全学群へと広げ、プログラムを発展させていく予定です。

プログラムの表彰

平成24年度教育に係る学長表彰(平成25年3月21日)
 理工学群,生命環境学群,情報学群,アドミッションセンター,産学リエゾン共同研究センター
 『開かれた大学による先導的研究者資質形成プログラム』

広報刊行誌

 6172726f773030375f30342e676966.gif ニュースレター『ARE NEWS』
  ・No.1  ・No.2  ・No.3  ・No.4  ・No.5

 6172726f773030375f30342e676966.gif パンフレット
  ・2010  ・2011  ・2012  ・2014  ・2015  ・2016

 6172726f773030375f30342e676966.gif 募集チラシ
  ・2012

理数学生応援プロジェクト・理数学生育成支援事業 取組紹介冊子について

 平成25年度までに文部科学省 理数学生応援プロジェクト及び理数学生育成支援事業に採択された大学の取り組みをまとめた冊子を発行いたしました。

746f72696b756d692e6a7067.jpg
PDF版ダウンロード ※下記の通り、誤記がありましたので訂正いたします。

【正誤表】
P20の表題
(誤)東北大学理学部 数学科 物理学科 宇宙物理学科
(正)東北大学理学部 数学科 物理学科 宇宙地球物理学科
〒305-8573 茨城県つくば市天王台1-1-1 筑波大学 先導的研究者体験プログラム TEL/FAX 029-853-8284