印刷

学位授与の方針

ディプロマ・ポリシー

工学システム学類のディプロマ・ポリシー(学位授与の方針)

筑波大学学士課程の教育目標及び本学群・学類の人材養成目的に基づき、工学分野の様々な問題に対応するための基礎能力と論理的思考能力を獲得し、学修の成果がいかに示す所定の水準に達したと認められる者に、学士(工学)の学位を授与します。

広い分野に応用できる基礎能力については、数学・物理学・コンピュータなどに係る専門基礎科目を修め、これらの知識を応用して工学的な諸問題を分析できることを求めます。

広い視野を持った仕事の遂行能力については、各主専攻の専門科目を修め、これらの知識を応用して科学技術と社会の関連を理解し、新たな技術を企画し、システムを設計できることなどを求めます。さらに、実験・卒業研究などで、同級生との協調・指導教員の指導などを経て、問題点に対する具体的な解決策を考案し、計画的に仕事を進められることなどを求めます。

社会人・職業人としての人間基本力については、外国語・実験・卒業研究などの科目を修め、コミュニケーションとプレゼンテーションができること、技術者としての倫理観を持つことなどを求めます。