印刷

教員・研究室紹介

構造エネルギー工学専攻所属教員・研究室

阿部 豊
石田 政義
磯部 大吾郎
金久保 利之
河井 昌道
京藤 敏達
境 有紀
武若 聡
西岡 牧人
松島 亘志
文字 秀明
金子 暁子
亀田 敏弘
庄司 学
白川 直樹
藤野 貴康
堀 三計
松田 昭博
松田 哲也
八十島 章
横田 茂
安芸裕久
浅井 健彦
金川 哲也
嶋村 耕平
新宅 勇一
高橋 徹
田中 聖三
中山 知紀
山本 亨輔

固体力学・材料工学

先端複合材料工学研究室
担当教員:河井 昌道
(1)航空・宇宙構造機器や次世代輸送機(EV自動車など)に用いられる高分子系炭素繊維強化複合材料(CFRP)の非弾性変形・損傷・破壊・疲労に関する実験ならびに数値シミュレーション
(2)インテリジェント・スマート構造の設計と応用に関する基礎研究
(3)ジェットエンジン等の高温構造部に用いられる耐熱金属の非弾性変形・損傷・破壊に関する実験的ならびに数値解析的研究
(4)3次元画像計測法を利用したCFRPの非弾性変形評価と損傷の非破壊検査技術の開発に関する実験的研究とシミュレーション
亀田研究室
担当教員:亀田 敏弘
材料の信頼性を維持するためには、材料特性の詳細な把握は極めて重要である。様々な特徴をもつ合金や金属間化合物が開発されているが、実際に利用される多結晶状態において、これらの金属は、結晶粒の大きさ、結晶粒界の配置の相違により、強度や破壊 特性が異なる。分子動力学法で得られた結果を有限要素法に組み入れる 手法を用いた大規模数値シミュレーションを、高速コンピュータを活用することにより、ナノスコピックな材料挙動に立脚したマクロな材料挙動の予測を実現するための研究を行っている。

高分子材料工学研究室
担当教員:松田 昭博
材料力学・計算力学をツールとして、スポーツ分野、エネルギー分野を対象とした研究を行なっています。特にソフトマテリアルと呼ばれる、繊維、ゴム、ポリマー、プラスチック等の新しい解析法やより高い記録を望めるスポーツウェア等の設計法についての検討を行なっています。解析方法として有限要素法(FEM)を用いており、試験方法として1軸、2軸の力学試験装置、燃焼試験機等を利用ています。
松田哲也研究室
担当教員:松田 哲也
 本研究室では,航空宇宙機器,輸送機器,エネルギー機器の設計開発の高度化を目指し,均質化理論や有限要素法(FEM)を用いたマルチスケールシミュレーションシステムの開発,ミクロ構造を有する先進固体材料の特性解析等を実施しています.
新宅研究室
担当教員:新宅 勇一
本研究室では、「最先端のシミュレーション技術を用いたき裂進展解析手法の開発」や「実験との比較による破壊メカニズムの解明」などの基礎的な内容から、「それらを適用した実構造物の耐久性評価」といった応用的な内容までを目指して、研究を行います。

構造・防災・信頼性工学

計算・構造工学研究室
担当教員:磯部 大吾郎
建築物の崩壊問題に関する解析的・実験的研究, 計算工学・構造工学.
建築構造研究室
担当教員:金久保 利之 , 八十島 章
建築構造物や土木構造物(インフラストラクチャー)を対象として、構造物の力学性状(耐震・免震・制振)や使用材料の物理的性質の探求を行いながら、現存の構造物や新たな構造システムの性能評価や設計方法を発信していくことを目的として、主として、実験的なアプローチで研究を行っています。
地震防災・構造動力学研究室
担当教員:境 有紀
地震動の性質と建物被害の関係を探求し,地震による構造物被害に伴う人命の損失を減らすなどの地震災害軽減に結びつけるための研究を行っています.
地盤工学研究室
担当教員:松島 亘志
本研究室では地盤材料、粉体材料などの固体粒子の集合体の力学挙動を解明するために、(1)SPring-8X線CTやレーザーによる可視化実験、(2)粒子法による数値シミュレーション等のツールを用いて研究を進めています。また下記のような応用研究を行っています。
・地盤の液状化と流動による建物被害
・土石流、斜面崩壊のメカニズム解明
・月面開発のための地盤工学
・放射性廃棄物地層処分に関わる地盤工学
・長期の地層形成の力学
ライフライン地震津波防災工学研究室
担当教員:庄司 学
巨大地震・津波という自然災害に関するリスクを対象として,このような災害リスクに対してライフラインシステム(交通インフラ,電力・ガス供給施設,上下水道施設,金融,情報通信など)の安全信頼性をいかに確保するかという工学問題の解決を目指し,解析,実験及び現地調査等のアプローチにより研究を行っている.
浅井研究室
担当教員:浅井 健彦
外乱を受ける構造物の振動制御技術や振動エネルギーを電気エネルギーへと変換するエネルギーハーベスティング技術の開発を目指して研究を行っています。
田中聖三研究室
担当教員:田中 聖三
地震,津波,高潮などの自然災害による被害予測・防災シミュレーション手法の開発を行う.大規模な数値シミュレーションを実行するために,ハイパフォーマンスコンピューティング技術を積極的に利用していく.
山本研究室
担当教員: 山本 亨輔
構造動力学やシステム同定の手法を用いて,構造物の点検技術を開発しています.また,新構造デザインの研究も計画しています.

流体・環境工学

水工学研究室(京藤研究室,武若研究室,白川研究室)
担当教員:京藤 敏達 , 武若 聡 , 白川 直樹
水の流動及び循環の各過程に注目し,海岸,湖沼,河川における環境問題の解決に資する研究を行っています.リモートセンシング,フィールド調査,流体実験,数値解析などの手法を用い,現象の理解,技術の開発,政策の提言を目指します.

羽田野先生を加えた4名の教員で「水圏環境工学研究グループ」を形成し,緩やかな協調体制をとって活動しています.

堀三計研究室
担当教員:堀 三計
工作機械や機械加工に関する研究,超音波を利用した機械加工に関するインプロセス計測などを行っています.

熱流体・エネルギー工学

熱流体制御・計測研究室
担当教員:阿部 豊 , 金子 暁子
 本研究室では伝熱流動や混相流のような複雑な熱流体現象を、最先端の計測技術を開発駆使することによって解明するとともに、その機能性を制御することで新しい機器を生みだすための研究開発を行っています。地球温暖化防止のための環境負荷低減化のための技術開発、超小型高効率の熱機器や火力・原子力などの大規模集中型の次世代エネルギーシステムの研究開発ならびに宇宙環境利用のための熱流体制御システムの研究開発などを行っています。
エネルギー変換研究室
担当教員:石田 政義
 当研究室では次世代エネルギー技術の普及による『環境調和型エネルギー社会』の実現を目指し、 燃料電池システム、 エネルギーネットワーク、 移動体用電源などの研究を中心に行っています。
 関連する分野は、電気工学、機械工学、化学工学など広く、ハードおよびソフトの両面からのアプローチを進めています。産総研や企業との共同研究も積極的に実施しており、高度かつ広い視野で先進技術に取り組めることが大きな特徴です。
燃焼研究室
担当教員:西岡 牧人
旋回流を用いた超希薄燃焼法,超低品位燃料の燃焼,軽質油やアルコールの燃焼特性,エンジン内レーザ着火法,バイオガス噴流拡散火炎の保持法,ウォーターミストによる消火法、DRG法による骨格反応機構生成など.実験と詳細反応数値計算を用いて研究をすすめています.
混相流研究室
担当教員:文字 秀明
エネルギー変換機器の効率や安全性の向上を目的とし、機器で使用される混相流の流動特性を調べる。また、それに必要な計測手法を考案する。
藤野研究室(プラズマ電磁流体工学研究室)
担当教員:藤野 貴康
本研究室では,「プラズマ」,「電磁流体」をキーワードとし,それらの特異な化学的・電気的・流体的特性を活かした革新的な工学機器の開発,および既存の工学機器の高性能化を目指した研究を行っています.
横田研究室(宇宙推進工学研究室)
担当教員:横田 茂
本研究室では,宇宙推進機,とくに電気推進機やレーザー推進といった,非化学推進機の研究を行っています.
安芸研究室
担当教員:安芸裕久
金川研究室(理論流体力学研究室)
担当教員:金川 哲也
熱流体力学の基礎的な現象の理論研究を行う。特定の工業技術に固有の問題1つ1つを解決して社会へと即還元する応用研究ではなく、次世代の工業技術の広範に潜む問題を一掃するための確固たる基盤となりうる基礎研究の積み重ねによって、「新しい熱流体力学のための『新たな理論』」を創る。
次世代飛行システム研究室
担当教員:嶋村 耕平
ドローン・飛行機・人工衛星・ロケットなど航空宇宙機にワイヤレスでエネルギーを送る研究に従事。プラズマ工学、高速空気力学、マイクロ波ミリ波などの電磁波計測などエネルギーに関わる様々な分野への応用研究・基礎研究を扱っている。
高橋研究室
担当教員:高橋 徹
家庭用電化製品や電力系統向けの電力変換機器に関する研究を行っています。近年では次世代半導体デバイスの開発や再生可能エネルギーの導入が促進されており,パワーエレクトロニクス分野における新たな課題が生じています。本研究室では製品の高性能化に向けて,新たな回路トポロジーおよび制御方法の提案とともに,課題を設計段階で解消する数値解析技術の開発を目指します。
応用電力・エネルギーシステム研究室
担当教員:中山 知紀
応用電力・エネルギーシステム研究室では,これまでにない高機能・高効率な応用電力システム・エネルギーシステムの実現を目指しています。具体的には,通常の電力機器では実現不可能な大容量・高効率を達成する高温超電導応用機器のシステム設計や開発,高温超電導応用機器と組み合わせることで,さらなる高効率や高機能を期待できる液体水素冷熱利用システムの研究開発を行っています。