印刷

担当教員・研究室紹介

リスク工学専攻所属教員・研究室

遠藤 靖典
岡島 敬一
羽田野 祐子
秋元祐太朗
鈴木 研悟
高安 亮紀

ソフトコンピューティング

S-コンピューティング基礎研究室(遠藤靖典、高安亮紀)
担当教員:遠藤 靖典 , 高安 亮紀
1. クラスタリング・教師付分類等のパターン分類手法の開発と実システムへの応用
2. ファジィ推論を用いた鉄道車両の定位置停止制御に関する研究
3. 不確定システムに対するフェイルセーフの新たな概念および理論の構築
4. 不確実システム論の基礎
5. 精度保証付き数値計算理論に関する研究
6. 遅延微分方程式の周期解および初期値問題に対する精度保証付き数値計算
7. 偏微分方程式の解に対する計算機援用証明

巨大システムリスク

新エネルギーシステム研究室 (岡島研究室)
担当教員:岡島 敬一
当研究室では太陽電池・燃料電池などの新エネルギーシステムに関する技術的信頼性評価・リスク分析についてソフト(ライフサイクル評価)・ハード(実際のシステムを用いた実験評価)の両面から取り組んでいます。
羽田野研究室
担当教員:羽田野 祐子
環境汚染の動態解析, 特に福島事故後の放射性物質の挙動
秋元祐太朗研究室
担当教員:秋元祐太朗
エネルギーリスク研究室(鈴木研悟研究室)
担当教員:鈴木 研悟
当研究室は,エネルギー・環境システムに関わる合意形成と意思決定の支援を目的とし,工学システムと社会との相互作用や関係性をテーマとする研究を行っています.

研究の目的は,どのようなシステムを築くことが社会全体にとって望ましいのか,そのシステムを実現するためにはどのような政策が必要か,複雑な政策課題をどのようにしてステークホルダーと共有するか,といった問いに答えることです.

研究には,ゲーミング,エージェントベースシミュレーション,動学的最適化モデル,要因分解分析等のアプローチを採用し,既往の学問領域の枠を越えた分野融合的な知を提供します.