印刷

キャンパスライフ

キャンパスライフ

筑波大学は、約258万平方メートル(東京ドーム約56個分)のキャンパス森林公園を基調とした景観の中に、変化に富んだ斬新なデザインの施設が効率よく配置され、歩行者・自転車専用道路(ペデストリアン)と環状道路等で機能的に結ばれています。その中でも豊かな緑に囲まれた四つの地区に学生宿舎があります。クラスメイトと散歩気分で歩いたり、賑やかに自転車で風を切りながら、また、学内を巡回するバスに乗って、教室・施設間を移動することができます。在学中は、本学類の施設だけでなく、わが国の大学では最大級の図書館、情報科学メディアセンター、保健管理センターが利用できます。また、研究室への配属後、大学院進学後には、各研究室の最先端研究施設の利用が可能となります。学生宿舎の収容人員は4300人で、新入生は優先的に入居できます。
各部屋は個室で(一部1人部屋)、全室にベッド、机、椅子、洗面台などが備え付けられています。また、各フロアー毎に共同のキッチン、洗濯室があります。更に、各部屋には電話機が取り付けてあり、キャンパス内には無料で通話ができ、学生宿舎の利用料金は月額15,000円程度です。宿舎近くには共用棟があり、ここには食堂、売店、美容室、喫茶店、浴場、娯楽室などが完備されています。なお、大学付近の民間の標準的なアパートは都心に比べて広く、しかも半額程度の住居費ですみますから経済的です。
詳しくは大学ホームページもご覧ください。