印刷

キャンパスライフ

在校生からのメッセージ

知的工学システム主専攻 4年・和田朱里

中高校生の頃、ものづくりをしたくても知識が幅広く必要で一人では作れないという経験を何度もしました。一つの問題を解決するのに、いくつもの手段があって、私は知識がない故に最適とは言えない方法で問題解決をしたりしていました。その中で別のことを学べば別の視点から物事を見る事が出来ると知り、より広い分野の事を学んでから何かに集中して勉強をしてみたいと思い工学システム学類を選びました。

大学では様々な知識を持った人がいます。大学生活でそんな様々な知識を持った人と意見交換などを通して自分の足りない事や強みを知っていきたいです。私は中高でいくつか研究室を見せてもらった経験があり、そこで見た医療ロボットにあこがれました。機械でも人を救うために何かできるという事に魅力を感じ、自分もそんなロボットをつくりたいと思いました。そこで機械の知識を広く学べそうなこの専攻を選びました。また、学生もそれぞれのやりたいことを目指してさまざまな分野の勉強をしており、新しい方面の知識をつけたいと思ったとき、友人やその知識に詳しい人が身近にいるということが良いと思います。人から教えてもらいどのような方法がもっともはやく習得できるか、また自分が探しているものはどんな探し方をしたら見つけるのかというのを友人やその友人から教えてもらうことができるからです。

工学システム学類では学生も面白いものを作ったりしていて周囲に感化される環境が常にあります。自分の知らないことが目の前に広
がっており、毎日が発見の連続です。自分で行動するにはまだ勇気がないという人は是非足を踏み入れてみてほしいです。

 

機能工学システム主専攻 2年・阿部稜

私は、拡張生体技術や人工知能、医用生体工学、電気・電子工学、宇宙工学など幅広い技術に興味がありました。通常、このような幅広い分野を含んだ学科というものは存在しないと思うのが普通だと思います。ですが、工学システム学類は以上の分野をすべて含んでいました。これほど私にあった大学はほかにないと思い、工学システム学類を選択しました。

工学システム学類では、ロボットを製作する授業など特徴的な授業が存在しているほか、筑波大学のほかの学類の授業を受けることもできます。理系でも文系の授業や芸術系の授業を受けることができるのは、筑波大学の強みだと思います。

また、筑波大学には、技術系サークルやプロジェクトが複数存在しています。その中で私は筑波大学「結」プロジェクトという超小型人工衛星を開発する団体に所属しています。人工衛星を製作するためには、プログラミングなどのソフトウェアから衛星構体を製作するためのハードウェアの技術も必要となります。多くの人とともに一つのものを作り上げるというのはとても大変ですが、とてもやりがいがあり、楽しんでいます。

工学という分野は、複数の分野を基礎にした応用分野です。新しい技術を生み出していくためには、様々な分野の知識を持つことが重要になると思います。筑波大学には、工学以外の知識を得る場がそろっているためが揃っています。大学では高校などと違い、何をするのも個人の自由によって決めることができるので、自分の専門としたい分野以外のことにも積極的に挑戦してみてください。

 

環境開発工学主専攻 3年・油野登梧

工学システム学類ではどんなことをやっているの?とよく友達に聞かれます。おそらくパンフレットを読んでいる皆さんもそう感じているのではないでしょうか。工学系について勉強していることは何となくわかると思いますが、工学システム学類は他大学で○○学科というような狭い範囲で勉強しているわけではありません。裏を返せばそれだけ多くの工学分野を網羅しているというわけです。それが工学システム学類の魅力です。

何となく工学部に入りたいけど具体的に何をやりたいかは決めていないよという人はこの学類に入学することをお勧めします。私もそのうちの一人でした。高校の頃に考えていた進路は人型ロボットを作る技術者か一級建築士のどちらかで、他の大学では早々にあきらめる必要があったのですが、工学システムはそのどちらの可能性も網羅していたことが入学を決心するきっかけでした。1年生の授業で簡単なロボットを作る授業やプログラミングを学んでゲームを作るといった興味をそそる授業などが進路選びの手助けとなり、私は自分が納得した形で、環境開発工学主専攻に一級建築士を目指すために決めました。

主専攻振り分けまでの1年間、各分野の先生方の話を聞きながら自分のやりたいことを見つけることができるのは工学システム学類の良いところです。また筑波大学はサークル活動や部活動がたくさんあるのできっと皆さんに合うものが見つかると思います。大学は高校と違って何をするかは個人の自由なので、勉強だけでなく大学生のうちにしかできないことに積極的に挑戦してみてください。

 

エネルギー工学主専攻 3年・松倉真帆

高校生の夏休みに『新しい車いすの案をグループで創ろう』という企画に参加したことがきっかけとなり、工学系の学部に進むことに決めました。しかし、それ以外に工学らしいことをしたこともなかったので、具体的に工学のどの分野に進みたいかといったことはわかりませんでした。そのため、1年生で工学について幅広く学んだあと、2年生に進級するときに主専攻を選択できる工学システム学類に進学することを決めました。実際、1年生で取る講義の中には、各主専攻の先生方が最先端の研究内容について詳しく話してくださるものがあります。この講義を聴く中で、自分がどの分野に興味を持っているのか、1年を通してじっくりと考えることができました。

また筑波大学には、学類の勉強以外にも工学系のサークルやプロジェクトがあります。私は学園祭実行委員会の活動を1年生の時から続けています。多くの先輩や仲間と一つ大きなプロジェクトを実現する活動は大変ですが、とてもやりがいがあり、楽しんでいます。また、工学とは一見無関係に思える学園祭実行委員の仕事と講義の内容が思わぬところで繋がったりする時があり、自分が学んでいる工学という分野の幅広さと有用性を実感します。また、もっと工学的基礎を身に付けようという意欲もわいてくるような場面に出くわすこともあります。

工学という分野を学ぶことにより、自分が勉学以外で行っているどんなことに対しても、応用する術を同時に身に付けていくことができます。勉学以外にも多くのことに挑戦し、その中で自分達の学ぶものの魅力を感じてみてください。